最近、不動産用語でよく聞く言葉のひとつに「リノベーション」があります。
今回はリノベーションに関してお伝えしたいと思います。

リノベーションとリフォームの違いとは、、、

リノベーションとリフォームの違いとは

僕自身、『リノベーション』という言葉を聞いた時に合わせて思い浮かぶ言葉が『リフォーム』です。
ではどう違うのか、少しまとめてみました。

リフォーム
古くなった建物を建築時の性能に戻すこと。

例えば、
・古くなった洗面台を新しいものに取り換える。
・使い古した壁紙を張り替えて新しいものにする。 など。

要は原状回復ですね。
退去の立ち合い等の経験がある人は馴染みが深いと思います。

リノベーション
現状回復するのではなく用途変更や性能をアップさせて,そのもの自体の価値を高めるということ。

例えば、
・2DKの部屋の壁を取り払って1LDKにする。
・オフィスビルを住宅に変更する。 など。

リフォームは小規模な工事、リノベーションは大規模な工事という感じでしょうか。

国土交通省の定義によると、

・リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
・リフォーム=新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)

との事でした。

リノベーションの良い点・悪い点

リノベーションの良い点・悪い点

リノベーションの良い点とは、

・価格が安い
・自分たちに合わせた住まい設計ができる
・新築時は適法だった建物が、法改正により既存不適格建築物(建替えの場合、同じ建物を建てる事ができない可能性がある)となった場合 など。

悪い点は、

・築年数が古いので耐震等の不安がある
・マンションの場合、独断により勝手に変更できない部分がある(共用部分等) など。

他にもいろいろと良い点・悪い点はありますが、今回はわかりやすい点を取り上げてみました。

リノベーションとなると中には旧耐震の建物を利用するということもあるでしょう。

安心して住むことができるということは住宅選びの中で大事な要素だと思いますので、あくまでもリノベーションというのは中古住宅だということは意識しておくべきだと思います。

リノベーションした物件や写真を見ると、かなりお洒落に作りこんでいたり、住んでみたいって思うような物件は多いですが、やはりデメリットもありますのでそこには十分注意が必要だと思います。

今回はよく聞く不動産用語のリノベーションについてお伝えしました。
また気になる用語がありましたらお知らせしたいと思います。