皆さんはマーケティングについて、いかがお考えでしょうか。

そもそもながらマーケティングって何?

そもそもながらマーケティングって何?

マーケティングとは、顧客のニーズを探り、顧客が求めているサービスや商品を効果的に提供していけるようとした活動の全般を表しています。
具体的な内容としては、市場調査、商品やサービスの企画・開発、ブランディング(差別化)、宣伝、販売・流通などなど、そういった部分が一般的かつ代表的な中身になります。

広告や宣伝などをマーケティングだと誤解されている方も多いですが、マーケティングは顧客のニーズを探り的確な商品やサービスを提供する一連のプロセスの総称です。
また、マーケティング=セールスだと誤解されるケースもありますが、セールスとはマーケティングにおける過程の最終段階であり、マーケティングの要素の1つでしかありません。

なぜマーケティングを行う必要があるのかというと、端的に、リサーチなしに売り上げを伸ばしたり維持するというのは、非常に難しいからです。
どこも売り上げや業績を伸ばそうと必死で、その競争社会にあって、リサーチなしに現状維持の方向性では、周りが進化する中、それは退化に等しい形になります。

また、似たような商品やサービスが次々と生まれている実情もあります。
そうした中で埋もれてしまわないよう、顧客のニーズを探り、それを元に自己の商品やサービスを見直し、効果的に顧客へ提供する方法は常に考える価値があります。

マーケティングをせずに収益を上げている場合もまれにあるかも知れませんが、好調は必ずしも続くとは限りません。
いつ脅威となる競合が現れるかは、分からないものです。
ですので、マーケティングというのは常に意識して行う必要があり、それが売り上げアップへの布石と同時に売り上げダウンに対してのリスク軽減にも繋がるのです。

では、マーケティングはどのように行えばいいのでしょうか。
手法や工程に関してはかなりの細分化も可能ですが、今回は分かりやすくざっくりとご紹介いたします。

マーケティングのプロセス

マーケティングのプロセス

・顧客のニーズを調べる
・顧客のニーズを満たした商品やサービスを作る
・価格を設定する
・宣伝の方法を考える
・商品やサービスの提供方法を決める
・情報管理

こういった部分が主になります。

まずは、顧客のニーズを探りましょう。
顧客はどのようなサービスや商品を求めているのか。
調べ方に関しては、既存の商品の売れ行きをデータにしたり、顧客へのアンケートを行うなど、様々です。

そのうえで、顧客のニーズを満たした商品やサービスを企画しましょう。
同じ商品やサービスを提供し続けていると、いずれは必ず売れ行きが落ちるときがきてしまいます。
ですので、新しい商品やサービスをお客様へ提供できるようプランを練ります。

マーケティングのポイント

マーケティングのポイン

それはブランディングにあります。
他と同じようなものを提供しても、なかなか売れなかったりします。
また、類似が多数ある場合はどうしても大手の商品やサービスには勝てません。
必ずしも有名である事がブランドではありません。
他にはない魅力やメリットが提供可能な事で、ブランディングは図れます。

また、顧客のニーズを踏まえたうえで企画・立案し、ブランディングや差別化を図る事は可能です。
この部分に関しては難しいですが、それができているところが顧客にとって唯一無二の存在となれて売れていたりするので、頑張って試行錯誤、立案・作成してみましょう。

新しい商品やサービスが定まったら、価格設定です。
ここもかなり重要で、類似品が多くある場合は価格勝負になり、安いものが売れます。
また、そこでしか得られない商品やサービスであれば高額でも需要があり、売れます。
コストや市場調査の結果なども踏まえ、決定しましょう。

内容や価格が決まったら、それをどのように顧客へ知っていただくかを考えます。
インターネットが主流になる前は街に看板を出したり新聞へ折り込みチラシを依頼したりDMを送ったりなどありましたが、今はインターネットが浸透しつつあるので、そうしたネットでの広告や宣伝も場合によっては効果的です。

宣伝方法が決まったら、販売方法や流通の仕方など具体的な提供方法を考えましょう。
提供方法に関してもインターネットが浸透している時代ですので、現地へ店舗を構えずとも通販の形でも商品の販売は可能です。
また、サービスを提供する場合に関してもインターネットを活用した形の提供も流行りつつあるので、様々に考えられます。

そして、販売しては終わりではなく、顧客管理などデータを残しておく部分も大切にしましょう。
マーケティングというものは1回だけで終わるものではなく、また、マーケティング担当者だけに任せるものでもなく、その組織の営利活動へ携わる全ての人がマーケティングを意識して常日頃から行われるのがベストなので、商品やサービスの提供結果などについてや顧客管理などのデータを今後へ向けて記録して残しておく事が重要です。
新たな商品やサービスを今後更に提供していく際に、そういった情報管理は必ず必要となってきます。

以上が、ざっくりとしたところではありますがマーケティングの概要です。

そもそも今の市場ではなく新たな勝てるフィールドで戦う事を検討したり、新たな顧客をつかむのか・既存の顧客へ更に満足していただけるよう取り組むのかにもよってプロセスは細分化されてきますが、大筋では上記の内容をしっかり行っていただくだけでも効果は得られます。
また、宅建士にしかできない独占業務があります。

よろしければ、ご参考して下さい♪