いま注目を浴びている「コンテンツマーケティング」について、皆さんはご存知でしたでしょうか。
コンテンツとマーケティングといった単語から、大体の内容はご想像がつかれるかも知れません。
ズバリ、Webサイトにおけるコンテンツを充実させるためのマーケティングなのですが、これが意外と古くからあるようで新しい考え方であったりして、いま注目を集めています。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは

従来のマーケティングとは、顧客を呼び込むための、いわゆる”売り出す”ためのマーケティングでした。
それに対し、このコンテンツマーケティングとは、コンテンツを充実させる事でWebサイトへの訪問者数を増やし、見込み客を開拓しようといった方向性のものになります。

今の時代、必要な情報はネットを介して自分で手に入れようという動きが強まってきています。
そこに対してのアプローチが、このコンテンツマーケティングなのです。

自社のWebサイト、ホームページ、オウンドメディア等々、そういった媒体へ顧客が自然とどんどん押し寄せてくれるのであれば、苦労はしません。
顧客自身が必要な情報をインターネットで調べてホームページなどを訪問するようになったとはいえ、顧客に有益な情報が載っていなければ、なかなかアクセス数が増えません。

そこで、どうしたらいいか。
従来ですと、インターネット上に広告を出したりなど、いわゆるこれまでのマーケティングに基づいた手法により、自社のサービスや商品を売り出すための形が取られてきました。
しかし近年、そうした”売り出す”手法よりも、Webサイトのコンテンツを充実させる事で訪問者数を増やし、結果、これまでのマーケティング手法では得られなかった見込み客の獲得を目指していこうといった動きが強まってきています。

顧客となりうる可能性のある人々へ対して興味を持ってもらい、見込み客を含めたより多くの顧客を獲得していこうとした試みです。
視点としては、顧客が興味のあるコンテンツを充実させようといった部分が重視されています。
顧客に有益な情報を載せるなどコンテンツの充実を行う事で、従来のリスティング広告掲載などでは得られなかった顧客にまで興味を持ってもらえ、それが売り上げに結びつくといった考え方です。

イメージとしては、Yahoo!のトップページを想像してもらうと分かりやすいかも知れません。
Yahoo!のトップページには、様々な情報への見出しがたくさんあります。
そのどれもが、人々の興味をそそるものだったりします。
その情報それぞれに興味を持ってもらい訪問し続けてもらううちに、Yahoo!ショッピングやYahoo!オークションを利用してもらおうといった思惑が隠されていたりします。

びっくり

実際、顧客目線からしても、たとえば魅力的な商品について細かくレポートされた記事が載っていて、そのページからすぐに購入可能なページへ飛んで買える事は、手間が省けて便利だったりします。
アフィリエイトの手法にも非常に近いものがありますが、コンテンツマーケットは売り込むというよりも、まずは売り込む云々ではなくとにかく顧客にとって有益な情報を提供していこうといったスタンスです。

アフィリエイトに関しては、ややもすると売り込もうとした思惑が見えてしまう節が、しばしばあります。
それが見えてしまうと、顧客は興ざめしてしまったり、売り込むために無理やり魅力的にその商品やサービスを紹介しているとも映ってしまいます。

コンテンツマーケティングの方向性だと、売り込むというよりまずはコンテンツを充実させる事で顧客に興味を持ってもらい、そこから自然と購買意欲などへ繋げていける点が1つ大きな強みとしてあります。
売り込むためのコンテンツではないので、実際、人々にとって便利であったりメリットが多く、社会的意義も大きいものとなります。

たとえば、ある食材をインターネットで売っていたとします。
以前ですとそのホームページではその食材についての内容を記載して売るという形式ばかりでした。
顧客をつかむためには、その食材について検索した人の目に触れやすいようにインターネット上に広告を出したりなど、そういった手法が取られてきました。
しかし、コンテンツマーケティングの手法ですと、そのホームページにその食材を使った様々なレシピを載せて紹介していきます。

そうする事で、その食材を買う・買わないに関わらず人々にとってそのホームページがレシピを調べられる有益なサイトとなり、結果としてアクセス数が増え、自然と売り上げに繋がったりします。

特に近年、リスティング広告は費用が高騰している現状もあります。
そうした実情を踏まえても、広く一般的に有益なコンテンツを自社サイトで充実させていく事は、いわば自家発電のようなもので、非常に合理性も高いです。

また、SEO対策の面でも、Googleなどをはじめそうした検索エンジンには今、そのサイトの内容自体が見られて、それが上位表示へと繋がっています。
人々にとって有益な情報が載せられていると判断されればされるほど、上位表示されやすくしてもらえます。

ポイントとしては、オリジナリティです。
他のサイトと同じ内容でコンテンツを充実させても、なかなか顧客の興味は惹けません。
また、そうした方法ではGoogle等にも弾かれてしまい、場合によってはペナルティとなり、むしろ下位へ下げられてしまいます。
ですので、オリジナリティのあるコンテンツを充実させましょう。

たとえば先程ご紹介したレシピの話だと、他のサイトで紹介している作り方と全く同じようなレシピを紹介するのではなく、自分で実際に作ってみた過程を載せてみたり、そこで気づいた点も載せてみたり、通常のレシピに一手間加えるだけで一層おいしくなるポイントを紹介してみたり、そういった形でコンテンツの充実を図ってみると効果的です。
そして、その記事(コンテンツ)はなかなか1つだけでは人々の興味を惹けないものなので、記事を多くしたりなどする形でコンテンツの充実へ取り組めるとベストです。

この手法は、従来のマーケティングや宣伝方法では獲得不可能だった潜在的な層へアプローチが可能な点が一番のメリットとなります。
しかもそれは非常に自然なアプローチであり、また、非常に広い客層である点が大きな魅力です。
売り込む形ではなく興味を持ってもらって購入してもらうというのは、ある意味、理想型とも言えます。

コンテンツマーケティングの手法は新しいスタイルではありますが、既に多くの企業が取り入れはじめています。
時代のニーズに合った形で、TwitterやFacebookなどSNSを活用した企業も多くございます。

現代へ向けた新しい形のマーケティングである、コンテンツマーケティング。
少し長期的な視点でのプロセスにもなりますが、従来の集客方法で行き詰まっている場合は、ぜひ試してみて下さい。