「嫌われる勇気」と聞いてみなさんはいかがお考えでしょうか。
以前、こうした本が流行ったので、それで目にした人も多いと思います。
その本がヒットした以降、この考えを提唱した心理学者アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」にまつわる本も続々と出版されてきました。

嫌われる勇気というのは、簡単に言えば、誰もが皆、嫌われたくないと思って生きている…でも、「ときには嫌われてもいいと思おう、今より楽に生きよう」といったスタンスです。
嫌われないよう周囲へ配慮するのは、悪い事ではありません。
しかし、あまり周囲の顔を伺いすぎていては、自分が疲弊し、最悪、再起不能になってしまったりダウンしてしまいます。

それよりは「嫌われたっていいから、ときに自分の考えを明らかにしたりして、今より楽に生きよう」と思えた方が、ぐっと気持ちが楽になれます。
えてして、何かを成し得るには何かを犠牲にしなくてはならないものです。
他人へ要求したい事がある際は、ときとして自分が嫌われる覚悟で伝えなくてはならない局面も多くあります。

でもそこで、嫌われるのが怖いと尻込みしていては、何の進展もありません。
少しぐらい嫌われたっていいと思えた方が、人間関係の悩みが解消されたり、人生そのものが上向きになるものです。
他人から好かれようとすると窮屈になり、変に自分を苦しめます。
そうした結果、無理が祟りストレスとなり、最終的に自分がダメになってしまいます。

ダメになってしまいます

よく考えてみましょう。
自分の人生は、自分だけのものです。
他人の期待に応えるのもいい事ですが、それで自分は幸せになれるのでしょうか。
幸せになれるのであれば、問題ありません。

ただ、他人のために無理をしすぎていて、それで自分がダメになってしまっては、たった一度の人生を徒労に終えてしまう事もあります。
「相手のために」と考えられる人は、お人よしが多い傾向にあります。
優しいというのは良い事ですが、それが行き過ぎてしまっては、自分が疲弊し、元も粉もない話になってしまいます。

まずは、いい意味で”自分がどうありたいのか”。
これが非常に重要です。
利己的とかそういう意味でなく、自分に信念・観念的なものです。

最終的に、自分の人生というものは自分で決めるものです。
他人に何かしてもらうとかでなく、自分の道は自分で切り開き、幸せをつかみます。
その旅路で、自分の信念や観念を貫き通すにあたり、持ちうる1つのスタンスが「嫌われる勇気」というものです。

嫌われるのが怖くて苦しい状態が続いている場合は、まず自分の価値観を見定めましょう。
自分は何がしたいのか、どう生きたいのか。
そこにあらためて目を向ける事で、一度フラットな状態になれます。

注意点

注意点としては、自分の価値観を見定めても、それを他人に対して押し付けない事です。
あくまで、自分で自分自身の価値観を見定めた事で、まずは自分自身が変わる事をプラスに捉えましょう。

自分が変わると周囲も変わるものだったりします。
「嫌われる勇気」には、そういった方法論も含まれています。
決して傲慢になるとかでなく、いい意味で自分の信念に基づいた輝きある姿になれる事で、自然と周囲との関係も良好になっていくといった考え方です。

他人からの評価も気にしすぎる事は、やめましょう。
そうして萎縮するよりは、それを気にせず、自分の信念に基づいた実りあるプラスの言動が行えた方が結果としていい方向へ転じます。
まずは、目の前の事に全力で取り組みましょう。

結果や評価は、あとからついてきます。
全力で頑張る人間を嫌う人間は、そうそういません。
嫌われるのが怖い、嫌われたらどうしようと萎縮するよりは、まずは行動です。
その先に見えてくる世界へ目を向けましょう。

他人と比較する事も、やめましょう。
比較という手法はときとして有効ですが、それで自分に劣等感を感じたり、「自分はダメな人間なんだ」と落ち込んで消極的になるよりは、語弊はあるかも知れませんが、嫌われてもいいという勇気を持ってガッツを出して物事に取り組めた方が絶対いいです。

ただ、「嫌われてもいいや」と完全に開き直って相手に対して失礼な態度を取ったり、「嫌われてもいい」というのを曲解して相手に対して何でもズケズケと言ってしまうのは、それはそれで間違っています。

間違っています。

あくまで「嫌われる勇気」というのは自分の信念を貫き通す事で色々とプラスへ転じさせるプロセスでのメンタルコントロール的な手法であり、相手へ対して傲慢な態度を取ってもいいという自己中心的な考えではありません。

この「嫌われる勇気」について考え、自分の価値観をあらためて見定め、前向きに実践する事が出来れば、あなたの人生は今よりきっと満たされたものになります。
他人との関係なしに、人は生きられません。
社会生活を営むうえで協調性というのは最重要だったりもしますが、ときとしてこの「嫌われる勇気」というのを持って生きていければ、この世知辛い世の中を、もっともっと明るく前向きに生きていけます。

頑張るあなたを、当サイトは応援します。
どうか頑張って下さい♪