新卒採用での就職は未経験でもOKですが、転職となると、第二新卒等であるケース等は除いて、基本的には即戦力である事が求められます。

ですが、未経験者歓迎で募集を行っている企業も意外と多数あります
その実情としては、経験者がベストではあるものの、未経験者歓迎の形で間口を広げて、色んな人をたくさん見てみたいと考えているケース。
また、実際に経験は関係なく、未経験でもコミュニケーション能力や意欲の高い人材を求めているケースもあります。
急募で、とにかく未経験でもいいから集めたいといったケースもありますが、それ以外では上記2パターンが主になります。

業界経験がなくとも採用してもらえるというのは転職者にとってとてもありがたい話ですが、では、応募や転職するにあたって、どのような点に留意しておけばいいのでしょうか

転職する際の留意点とは

ポイントとしては率直に、ガッツです。

その業界や職種にもよりますが、一般的に経験者というのは未経験者に比べて割合的に少ない傾向があります。
つまり、経験者というのは、どちらかというとレアな存在になります。
ですので、その仕事のエキスパートとして、わりと専門性があったり何かに特化した業務を任せられます。

一方、経験者に比べて未経験者は割合的に多数いる場合がほとんどです。
そして、当然ながら現時点では専門性が高い業務等は行えないので、内容自体は難しくない仕事を任せられる事になります。
そうなると、どうしても量をこなさなくてはならなくなります

内容も難しくなく、業務量も多くなくて、楽に簡単に正規雇用でお給料をもらえる仕事というのは、そうそうありません
ですので、未経験でも採用してもらえた暁には、量をこなす必要がある可能性がある事については心づもりしておきましょう。
だんだんとその仕事になれていけば、他の業務も裁量に任せて働かせてもらえるようになると思います。

また、内容自体は決して難しくはないものの、思い切りや勇気、忍耐など精神力が必要となる案件も多くあります。
これに関してもやはり『未経験でも可能・なおかつ楽』といった正規雇用の案件は、なかなかありません。
ですので、未経験でも採用してもらえる・チャンスをもらえる事に感謝し、どんな困難があっても絶対に頑張るんだぞ!といった気概を持って転職にあたりましょう。
はじめは大変に感じるかも知れませんが、慣れればどうって事のない場合も多々あります。

採用してもらったあとのポイント

採用してもらったあとのポイントとしては、とにかく1日でも早くその仕事を覚える事です。
新卒採用であれば、まだ社会人経験自体のない学生だったとして丁寧に目をかけて見てもらえるかも知れませんが、社会人経験を経ての転職となると、当然ながらその限りではありません。
仕事を覚えるにあたっては、教えてもらうのを待つ受け身の姿勢ではなく、どんどん自分から率先して確認したり覚えたりして取り組む自主性が非常に重要となってきます。
場合によっては、自費で社外研修を受けたり書籍を購入して勉強したり、資格を取得するのも良いでしょう。

現実問題、利益が出ない事にはお給料の支払いや会社の存続もないわけで、なかなか忙しくない企業はありません。
むしろ、忙しい事はそれだけ反響がある・需要があるという事であり、ことさら世の中にも必要とされているわけですので、そこは前向きにも捉えられます。
暇でやりがいがない・スキルが身に付かないよりは、多少忙しくとも着実にスキルアップを図れる仕事の方が将来的に絶対プラスです。
研修やOJTも新卒採用に比べるとどうしてもその機会は少ない傾向がありますが、そこは積極姿勢で乗り切りましょう。

未経験でも採用してもらえる仕事への転職に際しては、異業種であってもこれまでの経験を生かせる仕事へ転職するのが、とてもスムーズです
たとえば、一般的な接客・営業経験があるのであれば、不動産賃貸仲介の仕事にも十分それを生かせます。
また、車の販売を行っていた人は、不動産仲介売買の仕事にも順応性が高いと思います。
外資系保険会社での営業やフルコミで成果を上げていた人は、不動産業界での新規開拓営業でも通用するでしょう。
そうした異業種ながらも生かせる経験があれば、研修やOJTが少なめでも十分やっていけます。

以上が未経験可・未経験者歓迎の仕事へ転職する際の留意点です。
未経験な分、自分から率先して学ぼうとする姿勢が必要であったり決して楽ではありませんが、通常は経験者で即戦力しか採らない中途採用でチャンスをもらえるのは、大変ありがたい話ではあると思います。
ぜひ、そういった部分を前向きに考えて、ガッツを持って粘り強く取り組んでみて下さい。
そうした姿勢があれば、必ず活路は見出せます。
会社のため、自分のため、会社のため…心のよりどころは様々でいいと思います。
頑張りましょう!